交通事故慰謝料勉強会

交通事故の慰謝料について

交通事故で慰謝料を払わないために

自分には関係ないとお考えの方も多いかと思われますが、万が一自分が交通事故に遭ってしまった場合、あなたは何をすることになってしまうかご存知でしょうか。 まずは、どちらが加害者でどちらが被害者かを区別する必要があります。一般的には、過失の少ない方が被害者で多い方が加害者と見なされますが、双方が身体に損害を受けた場合は業務上過失損害として双方とも被害者であり加害者となります。 また、それに伴い金銭の交渉が発生するでしょう。いわゆる交通事故の慰謝料です。加害者に支払う義務が発生するのが当然かと思われますが、被害者が加害者に慰謝料を請求したら、提示された金額を加害者はその通りに払わなければならないのでしょうか。 実は言われた通りに払わなければならないという訳ではありません。一概には言えませんが、被害者が実際に損害が発生したことの因果関係を証明出来ない限りは、慰謝料を請求されたとしても、被害者が理由がきちんと立証されなければ、加害者にも断る権利はあります。 もし、貴方が加害者で被害者に慰謝料を請求されたら、この金額が正しいのかどうか、弁護士に相談するのがベストでしょう。

頼れる専門家探しのお手伝い

Copyright(c) 2011 交通事故慰謝料勉強会. All Rights Reserved.